カードローンの契約時に必要な書類

カードローンの契約時に必要な書類には、本人確認書類があります。これは申込者が本人であることを証明するものなので必須の書類になります。利用上限額に関係なく用意しなければならないもので、運転免許証、パスポート、健康保険証などで対応できます。運転免許証か健康保険証などはほとんどの人が所持しているので、用意するのは簡単です。カードローンの契約時に必要な書類は、本人確認書類さえあれば大体OKなのですが、利用限度額によっては、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められることがあります。たとえば、利用限度額が50万円を超える場合や、他社との合計額が100万円を超えるような場合、収入を証明する書類の提出が求められることがあります。収入を証明する書類については、上限額が低いカードローンを希望している場合でも求められることがあるので、事前に提出できるように用意しておいたほうがいいかもしれません。どのような書類を用意するべきかというと、源泉徴収票や所得証明書などになります。自営業や個人事業主の人は、住民税決定通知書や納税証明書などになります。